ホーム>介護保険を活用したリフォーム

介護保険を活用したリフォーム

自己負担最高2万円で、安全で快適な生活を

鹿児島市・指宿市では、要介護・要支援認定を受けている高齢者の住宅に対し、住宅リフォーム代金の一部を支給しております。
和式トイレから洋式トイレへの改修、段差の解消など、一緒に暮らすご家族も嬉しいリフォームが、最高自己負担2万円で行なえます。
※リフォーム工事の総額は20万円まで。そのうち9割を市区町村が負担致しますので、お客様の自己負担最高額は2万円となります。

お手間がかかる申請なども、南九州すまいるハウスが代行致します。

住宅改修費の支給対象となる工事

  • 手すりの取り付け
  • 段差解消(床のかさ上げ・下げ、踏み台、スロープ設置等)
  • 滑り防止等のための床・通路面の材質の変更
  • 引き戸等への扉の取替え
  • 和式便器から洋式便器等への便器の取替え
  • 上記5項目の住宅改修に付帯する工事

ご対象の方

鹿児島市・指宿市にて要介護・要支援認定を受けている高齢者の方
※申請自体はご家族でも代行が可能ですが、リフォーム対象は要介護・要支援認定を受けている方が住まわれる住宅となります。

お申し込み方法

南九州すまいるハウスへ、「介護保険を利用したリフォームの件で」と、ご相談下さい。
その際に、ご担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)のご連絡先を教えていただけますと、その後の手続きがスムーズとなります。

 

 

申請に関する詳細情報は、各市町村のホームページをご確認下さい

鹿児島市 居宅介護(介護予防)住宅改修費支給 詳細ページ

指宿市 居宅介護住宅改修 詳細ページ (PDF)

 

ページ上部へ